« グラスの中の光 | Main | 小休止 »

b123.JPG
河原町三条上ルの古本屋

本が増殖していく。
捨てられなくて、困っている
同類の方、結構いらっしゃると思うのだけれど。
反芻する楽しみ、仕方ないかな。
しかし、本棚、もうひとついるのかも。
床抜けたら、笑い事じゃないけど。

|

« グラスの中の光 | Main | 小休止 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

はい同類です。
最早、本は重さで選んでます。

京都では、古書組合のリストを持って自転車で徘徊した事があるので、写真の古本屋多分行った事あると思いま。
確か京大近くに古本屋が3軒並んでいる所があって、特にその内の一軒は宝の山だったなあ。さすが京大生は勉強しとると感心したもんです、はい。

Posted by: くんしゃん | 2004.06.24 at 02:06 AM

本を重さで選ぶ、、、つわものでらっしゃいますね。
流石♪

百万遍の周辺は、京大生御用達の妙なお店がいっぱいで面白いですね。
しかし、古本屋は当時興味がなかったので足を運んだ事がありませんでした。
今度帰ったら、行ってみょうかなぁ。。。

Posted by: | 2004.06.26 at 08:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グラスの中の光 | Main | 小休止 »