« 引きずり込む | Main | 梅雨 »

脳内フィルター

b108.JPG

私の好きなお茶のお店は、私の嫌いな煙草がオッケーな場所が何件かある。
そんな場所でも、わりかし平気に美味しくお茶を飲んでいる。
なぜ平気なのか、ちょっと不思議だ。

まぁ、周囲に煙草のみが幾人もいるので慣れているのもあるだろうけれど、多分、少々なら脳内に煙草フィルターがあって無視出来る構造になってんじゃないかなぁ、と思う。
許容範囲の臭いって感じで、意識外にシャットアウトしてしまうような感じ。
自分の中では、珈琲屋さんでカレーの臭いがオッケーなのに通じる。

ま、なければない方が良いとは思うけれど。
存外図太かったのか、私の神経。
え?存外じゃないって?こりゃまた、失礼っす。

|

« 引きずり込む | Main | 梅雨 »

お茶のお店」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 引きずり込む | Main | 梅雨 »