« 和菓子とお茶と | Main | たまには赤いのも »

行かないと買えない有り難さ

b195.JPG
亀廣永の店先

今回の和菓子茶会のメインは2つ。
亀廣永という店の祇園祭の菊水鉾への献上菓子として作られた琥珀、「したたり」。
潔いほど純粋な黒糖のシンプルな力強い甘味と、食感のサッパリ感が夏らしい。
亀屋清永という店の黒糖の強い羊羹の中に胡桃の入った「月影」。
黒糖と胡桃のコンビは無敵。パッケージもかっこいい。

どちらも、京都に行かないと買えないお菓子(のはず)である。
「したたり」にいたっては、亀廣永に行かないと買えない。
そんな和菓子である。

今、色々な事が便利になって、デパートの地下食に行けば各地の名店の逸品が買えたり、ネットでクリックすれば各地名産品が簡単に手に入ったりする。
それは、すごく嬉しいし、幸せで、私も良く使う。
でも、なんか簡便過ぎて有り難みに欠ける。

例えば、お土産買って来て、
「あ、これ、新宿伊○丹の地下にあるよね」って言われたり、
「HPから地方発送してるよね」って言われるより、
「お店何処?だぁ〜、京都行きて〜!」って、言わせたい。
負けず嫌いの捻れた発露だけれど、土産って本来そういうもんだと思う。
旅の欠片のお裾分けだもんね。

|

« 和菓子とお茶と | Main | たまには赤いのも »

Sweets」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 和菓子とお茶と | Main | たまには赤いのも »