« チーズとお茶と | Main | 見たり 撮ったり 買ったり »

プーアルとチーズ

“お皿がないから”
b288.JPG

今回のお題は、チーズと中国茶は合うか?
経験的に、あまりくどくなく甘くないチーズに、プーアルか岩茶の組み合わせなら、と思っている。
が、あまり積極的に合わせようとは思わない組み合わせ。

が、青柳さんがクレイルのまだ若いチーズを持って来て下さったことで、印象は一変。
プーアル散茶とチーズ、いける。かなり、いける。
まぁ、お茶が極上のプーアルなせいもあるのだろうが。

まだ固い印象の若いチーズは、月餅の塩卵入りの餡に似ている。
似ているが、若いチーズの方が更に淡白で後味が軽いのだ。
適度の塩気と微妙なタンパク質のコテッとした感覚が、お茶の甘味と重みで流れる。
その時に口の中に、お互いの相乗効果の旨味がぶわっと出て来るのだ。
熟成が進めば、こうはいかないだろう味わい。チーズの臭みがお茶に勝ってしまうだろうから。

しかし、チーズにあうとなると、プーアルとワインの類似ポイントがまた上がってしまう。
どちらも好物だから、良いんだけれど。

|

« チーズとお茶と | Main | 見たり 撮ったり 買ったり »

中国茶」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« チーズとお茶と | Main | 見たり 撮ったり 買ったり »