« フィグとチョコ | Main | ただいま »

景徳鎮のお皿

“ロイズの生チョコ”
b311

お土産に景徳鎮のお皿をいただいたのだけれど、あんまりに賑やかなお皿なので何を載せて良いものやら、さっぱり思案がつきかねる。

いろいろ悩んだ挙げ句、色味の少ない地味なものと考えて、思いついたのがチョコレート。
合うのか合わないのか、よく分からないが、うまいから良し。

ひょっとして、観賞用で食べ物載せるのじゃないのかしら?などとも思うのだが、食器は使ってなんぼだし。また、新たな用途を考え中。
中国の食器って、案外難しい。

|

« フィグとチョコ | Main | ただいま »

趣味」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、景徳鎮で検索していて、おじゃましました。良いお皿ですね。サイズがはっきりと分かりませんが、もしかしたら、”筆置き”かも知れませんね。料理屋さんでは、クラッシュアイスを敷き詰めて、あえてデザインをぼかし、お刺身を盛ったりします。単色のチョコを選ぶあたり、センスの良さを感じました。

Posted by: ウォルター | 2005.06.15 at 10:07 AM

こんばんは、はじめまして。
お気に入りのお皿を褒めていただいて、とても嬉しいです。

このお皿、21cm×7.5cm×2cmというサイズですので、筆置きというのも考えられる話ではないかと。
クラッシュアイスで色をぼかすというのは、面白いですね。では、餡かけでぼかす、というのもありでしょうか?ちょっと、試してみたいと思います。

Posted by: | 2005.06.16 at 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フィグとチョコ | Main | ただいま »