« 観音王@春風秋月 | Main | 初HOLGA »

高档てん紅@バンブー茶館

“茶海代わり”
b352

先日のお茶会で、のーとみさんと差しつ差されつ異様なスピードで飲み続けたのが、このお茶。
これは、観音王とは逆に焙煎香が残る事によって、旨さが倍増している茶だと思う。

ちょっと燻ったようなケムリ感が舌先にまとわりついて、そのベールの向こうから紅茶の旨味とか甘味がひょこっと顔を出すような感じ。テン紅なのに、正山小種チックな燻香の効果的な発露が旨味として認識出来る。で、なおかつ正山小種みたいな強烈な個性ではなく、テン紅のオーソドックスな紅茶らしさを味わえるのが、オールマイティに様々なお茶請けに合わせられる所以ではなかろうか。味の濃い目の食べ物には燻香が対抗し、さっぱりしたものには紅茶らしい部分が対応するのではないかと思う。実際、お汁粉みたいな甘いさっぱり系にも合ったし、きっちりおかずな点心にも合った。
で、口の中の食べ物の香とかをちゃんと流してくれるから、直ぐ後に別の味の物を食べてもオッケーだし。
もちろん、単独で飲んでも美味いのは言わずもがな、だが。

しかし、やっぱり美味さの持続するお茶というのは凄いありがたい。
これだけ食べて飲んで、まだン煎目かよ!みたいな感じで。
まぁ、今回のお茶会の場合は1496茶さるさんの800ccポットのお陰でもあるのだが。
茶器の容量がでかい有り難さ、久々に味わったかも。感謝感謝。

|

« 観音王@春風秋月 | Main | 初HOLGA »

中国茶」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 観音王@春風秋月 | Main | 初HOLGA »