« HolgaとAgfa ClockとOM-1とCamedia持って出かけたら | Main | ドルチェの様に甘ければ »

森嘉のひろうす

“美味しいモンにはエエお皿”
b335

京都で森嘉と言えば嵯峨豆腐だが、私はここの「ひろうす」が大好きである。
(『がんもどき』と同じだと言うけれど、「ひろうす」と『がんもどき』って別の食べ物じゃないかと実はコッソリ思っていたりする。)

森嘉のひろうすは、スーパーの中がスカスカの空洞のんと違って、しっかり銀杏やら百合根やらがつまっている充実感が嬉しい。そして、木耳(キクラゲ)のコリコリとか苧実(オノミ)のプツンプツンと弾けるのとか食感が色々で、口の中がものすごく楽しい。

これだけ内容が充実しているので、ひろうすだけでも一品料理になるのがまた凄い。
焙って表面を焦がしてカリカリにして、お醤油を付けて食べるのがたまらん。
ああ、思い出したらまた食べたい。また、京都帰らんと。
って、帰ったばっかりやんか〜。(笑)

|

« HolgaとAgfa ClockとOM-1とCamedia持って出かけたら | Main | ドルチェの様に甘ければ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« HolgaとAgfa ClockとOM-1とCamedia持って出かけたら | Main | ドルチェの様に甘ければ »