« 南国のビール | Main | 監査が終わった »

日々ご飯3

“梅菜と豚肉の蒸し煮@江南飯店”
b383

高山なおみさんの日記の本、「日々ご飯3」を読了。
通勤読書にはちょっとサイズが多きいのだけれど、やっぱり読みたい気持ちの方が勝ってしまう。
見たいテレビ番組を見ながらご飯が食べられるように、計算して料理を作ったりするのに共感したりして、ニコニコ出勤出来るのも良いかな。

私も主婦という領域の隅っこに属してはいるので、晩ご飯は年に(たぶん)310日くらいは作っている。ご飯作るのは、けっこう好きな方だと思っている。
でも、産みの苦しみじゃないけれど、「今日の晩ご飯、何作ろう〜?」ってのは悶々と常に考えている気がする。多分、お昼ご飯食べたくらいから『今日の晩ご飯モード』に入って、後輩に(食べさせるわけでも無いのに)「今日何食べたい?」とか聞いてみたり、スーパーの特売で閃いたり、帰り道に嗅いだ美味しい匂いに触発されたりして、メニューを決めている。
食べたいもの作るんじゃなくて、旦那が好きなものとか、コレステロール下げなきゃとか、野菜が足りないとか、たまには肉食わさねばとか、でも私は魚が食べたいとか、いろんな事が無意識にぐるぐる回ってたりして、大変。

今日の晩ご飯は、「日々ご飯3」をパッと開いた頁の日に高山さんが作られたもの。
手羽先の中華風、、、のアレンジで手羽先のカレー風。(笑)
こんな使い方も良いな、日々ご飯。
明日は、また「日々ご飯2」を読み返してみよう、そしてまたパッと頁を開いて晩ご飯のメニューも決めよう。
そうしよう、そうしよう。

|

« 南国のビール | Main | 監査が終わった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

今の本を読み終えたら購入予定です。
でも、あの本のサイズは、通勤に持って来いなんですけど・・・(笑)。
なにしろ京極夏彦とか、分厚い本も平気で電車で読んでます。でも、満員電車ではつらいかなあ。何しろ僕は座って通勤ですから。

Posted by: ひらた | 2005.02.22 at 08:56 AM

吊り革につかまって片手で読むには、私にはちょっとサイズが大きいですね。やっぱり文庫が一番持ち易いです。
京極さんは。。。。勘弁して下さ〜い。(笑)

Posted by: | 2005.02.22 at 11:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南国のビール | Main | 監査が終わった »