« 実は更新 | Main | I.V. ラム・イチジク »

新しい茶壺

“おすまし”
b429

さて、我が家にやってきた“まん丸ちゃん(仮名)”。
こうやって画像にすると小さく感じるけれど、250ccあるので民国よりも大きいことが判明。
現在、我が家で最大の茶壺の地位を獲得することに。(最大で250ccって。(笑))

注ぎ口は一穴。水切れ良く、嘴からの垂れもなし。
把手が丸みを帯びた少し厚い造りなので、りすの尻尾のよう。
色は、ミルクココアのような茶。湯を入れると、やや赤みを帯びる感じ。
口が広く、洗い易い。中が広くて、茶葉が開き易い(かも)。
可愛い、ホンマに可愛い。
またまた、海風號に居る間中、握りしめて歩き回ってしまった。(笑)

ちょうど大きめの茶壺が欲しいなぁと思っていた所なので、サイズも無問題。
この茶杯に、ちょうど二杯くらいなのが、また嬉しいかな。

みえさんが、

あんまりその茶器が誰の手によってどこで作られてどんな素材なのかってことはワタチにとってはさほど重要じゃない。
その茶器を愛せるか?大事に長く使えるか?ってことが最重要。

と書いておられたけど、私もそう思う。
握りしめて放せないまま、店内をうろついてしまうようなコ。
そういうのが、買う時に一番のポイントかなぁと思う。
ま、懐具合との兼ね合いもあるけどね〜。(苦笑)

|

« 実は更新 | Main | I.V. ラム・イチジク »

中国茶」カテゴリの記事

茶器」カテゴリの記事

Comments

ひゃ〜250ccも入るんですか・・・実物見たら惚れてしまいそう。

Posted by: しながわ | 2005.03.27 at 08:00 PM

250ccは、普段使いにはかなり良いサイズです♪
この形のお陰で、あんまり大きく見えないので、ちょっと不思議な感じです。

Posted by: | 2005.03.27 at 10:27 PM

まん丸ちゃん、かわゆい♪
おデブに見えないところがまたかわゆい。
ワタチも購入した倣古壺に名前つけよっと♪

懐とのかねあいが最重要なのですが、やっぱり気に入ったモノじゃないと長く使うのはムリですよね・・・。
そして愛せるか?ってことが一番。
茶器とのつき合いは人とのつき合いに似てるって思う今日この頃です(笑)


Posted by: みえ | 2005.03.28 at 01:21 AM

なんか名前つけると、更に愛着が湧くんすよ。
「民国で、茶ぁ煎れたでぇ〜」とか
「奇古堂さん、何処いったか知らん〜?」とか。
ちょっとマヌケくさい名前の方がなお良し、とか思ってます。(笑)

>>茶器とのつき合いは人とのつき合いに似てるって思う今日この頃です(笑)
みえすわん、最近名言多しですねぇ。
すげぇ、うまい!

Posted by: | 2005.03.28 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 実は更新 | Main | I.V. ラム・イチジク »