« 美容院滞在時間 | Main | うちの和風炒飯 »

珍しく犬

“窓の外には”
b457

猫写真が多くて、犬写真が皆無に等しい理由。
多分、それは犬にはあって、猫にはないもの。
リード。

首輪がついているのは、全く気にならない。
でも、リードはその付属物感というか、束縛感というか、が気に入らない。
なおかつ、変な直線や曲線で画面を分断するので。

だから、こんな風に撮れるなら、犬を撮るのも好き。
このコは、スペインのグラナダの犬。
海外行っても、犬やら猫やら撮るのは楽しい。

|

« 美容院滞在時間 | Main | うちの和風炒飯 »

写真」カテゴリの記事

Comments

うちのノビタの場合だけかもしれませんが、
彼は散歩するのにリードを辛いとは思っていないみたいです。
考えようによっては、これは悲しいことなのかもしれませんが、
彼にとってはリードは、大好きなお散歩に必須のアイテムらしいです。
そういえば友人のわんこも、散歩へ行こうと、
自分からリードをくわえてくるみたいですよ。
猫族の方には信じられないでしょうね(^^;

Posted by: smash | 2005.04.23 at 09:47 PM

smashさん、ごめんなさい。言葉が足りませんでした。
犬さんたちがお散歩に行くのにリードが必要なのは、当然ですものね。逆にリードなしの飼い主さんの方が、ルール違反かなと思いますし。(もちろん、ドッグ・ランなどは別)
写真を撮るという一点のみで考えてしますので、視野が狭くなります。
もうちょっと考えて、書かなくちゃぁです。反省。

Posted by: | 2005.04.23 at 10:59 PM

極一般的には、リードとは
人間が犬につけるものだと考えられているようですが、
犬にしてみれば、
人間という鈍い動物を自分が引っ張ることによって
移動させてあげている!
そんな気分なんじゃないかしら?!
(犬ぞりは、そういう仕組みのようです)
つまり、束縛しているのはどっちかな?ってこと(^^)

でも、恵さんのきもちもわかるつもりです。
リードを離してあげれる環境では、とってもうれしそうに駆け回るし。
そんなときのあの子の眼を捉えていただければ!!
よろしくお願いします(ぺこり)

Posted by: smash | 2005.04.24 at 12:03 AM

犬橇は、犬が主人公なんですね〜。そういえば、犬は家族の中で自分は下から2番目の地位にいると思っている、という話も聞いた事があります。

リード=束縛と考えるのが、ステレオタイプなんですよね。
今度は、リードありでのフォトジェニックなシーンを目指してみるのも、柔らかい発想に繋がりそうです。
今後とも、ツッコミ、御指導よろしくお願いいたします♪

Posted by: | 2005.04.24 at 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 美容院滞在時間 | Main | うちの和風炒飯 »