« 祥華の鉄観音 | Main | 丸大根と塩豚のスープ »

炊くことも味のうち

“炊き2回後”
b697

買い物に行った時に、ブリのあらに目がいってしまった。
普通の大根も買い置きがあるので、迷わず。

1時間ほど炊いては冷まし、思い出した頃にまた1時間ほど炊いては冷まし。
味がどんどん染みて行く。計4回炊いた。(っていうか、弱火で放置しただけだが)
時間も調味料みたいなものだとよく分かる。
ブリの旨味がどんどん大根に吸い込まれて行くのね。

ブリ大根ってやっぱり大根が主役だわぁ

|

« 祥華の鉄観音 | Main | 丸大根と塩豚のスープ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
ぶり大根…おいしそう…(うっとり)。
この冬のテーマは「乾物と根菜」、特に煮物なのですが、
これがありましたね。
やってみよう!と決意した次第です。

Posted by: きたきつね | 2006.01.09 at 12:49 AM

乾物と根菜、良いですよね〜。
干し牡蛎ごはんなんて、羨望のまなざしで見ておりましたよ。
海鮮の乾物は出汁が強烈に美味いですもの!

ブリ大根、きたきつねさん製のはいかがでしたでしょう?
Blogを楽しみにさせていただきます♪

Posted by: | 2006.01.09 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 祥華の鉄観音 | Main | 丸大根と塩豚のスープ »