« あめふり徒然 | Main | 手のひらサイズ »

蓋碗メイン・ローテーション

“クリックすると、気持ち大きくなります”
B812

フリマ茶会で蓋碗を買ったので、茶杯に続いて整理してみた。
計量は、通常お茶を淹れる時の量で。
しかし、こうやって並べると白地に藍(or青)ってのが好きなんですねぇ、私。

一番容量の大きい蓋碗は、初めて買った蓋碗。台湾の故宮博物館のレプリカだったと記憶している。(記憶違いの可能性も)プリントなのだけれど、柄がとても好き。でも、今はほとんど出番がなくて、ちょっと可哀想。
その後、現在に至るまでに購入したものは、似たり寄ったりの“小ささ”。

私は蓋碗という道具は『口をつけて飲む道具』として使用する。
茶壷の代わりにする事はあまりない。
その時に飲みやすい量というのが、この100cc以下であるらしい。茶杯もだいたいそのくらいの容量のものを使っているところを見ると、私はがぶ飲みよりもちょこちょこ飲む方が性に合っているみたい。
傍らにお湯を置いて、飲んでは湯を注し、飲んでは湯を注し、一人の茶を楽しむ為の適量といったところか。
そういえば、茶漉し付のマグカップは持っているけど、最近は滅多に使わない。容量が私の好みより多過ぎるのだろう。
長いこと使っていると、茶道具もだんだん選択が極端になっていくらしい。

現在、一番の愛用は、もちろん常滑蓋碗。お茶の味わい、持ち心地、色合い、全て愛している。
今晩は、海風號の西湖龍井を。黒に映える若草色も一緒に啜る。
やっぱり好きなものには、口づけしないとね。

|

« あめふり徒然 | Main | 手のひらサイズ »

中国茶」カテゴリの記事

茶器」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あめふり徒然 | Main | 手のひらサイズ »