« 眠い | Main | 紅茶の酸は »

季節外れの線香花火

“松葉”
B901

そろそろキンモクセイも咲き始め、秋めいて来た今日。
純国産の線香花火を楽しませていただいた。

花火するのなんて何年振りか分からないくらい、久しぶり。
皆で火の玉が落ちない様に、密かに競争してるようで楽しい。
やはり、国産ものは量産品と違って持ちが良い。
最後の「散り菊」になってからがとても長くて、手が焼けるかと思うほど持ち手が短くなるまで楽しめて吃驚。
花火一つにも職人技を感じられるのは、すごいなぁと。

帰り道、髪に火薬の匂いが漂って、そんな名残もちょっと嬉しい。
大人の花火は、余韻が良い。

|

« 眠い | Main | 紅茶の酸は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

すばらしい画像です。いやあ、これはもう、やはり腕とかというよりも、感性のもんだいですなあ。

Posted by: tearecipe | 2006.09.22 at 10:05 PM

高校のときの国語の教科書に
国産の線香花火はすごいと書いてあったのを覚えています。
でも、純国産ってなかなか手にはいらないのだよね~。
うちのコウタローもこの夏、花火デビュー。
きっと来年には忘れて新鮮にビビッてくれると思うの(笑)

Posted by: みな | 2006.09.23 at 09:36 PM

>tearecipeさん
お褒めにあずかり、とっても嬉しいです!でも、花火は一瞬のものなんでやっぱり運も大きいかもです。

>みな嬢
国語の教科書に載る程すごいんや<国産花火
私も初めてさせてもらったけど、こんなに違うんや〜って吃驚したよ。

こーちゃんは、花火にどんな感想を?
また、小さなポエマーになったはった?(笑)

Posted by: | 2006.09.23 at 11:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 眠い | Main | 紅茶の酸は »