« 茶櫃の中は | Main | 久々文山包種 »

アテスウェイのJoëlle @ 東京都 吉祥寺

“クマちゃんは頭から”
B995

少し早めの誕生日ケーキを夫に強請ったら、アテスウェイ(Webサイトがオープン!!)のJoëlle(ジョエル)というケーキを買って来てくれました。
もう、何度も何度も書いてますがチョコレート風味のものは苦手なワタクシ。
4号サイズのこのケーキを前に、『チョコの塊だ、、、、食べられるか!?私?』と悩んでいたのですが。

え〜、まったく心配いりませんでした。
1/4一気にペロリと食べました。何これ、美味過ぎ。

チョコレートクリームは滑らかで酸味をあまり主張せず、でも濃厚。挟まれたフランボワーズとライチのジュレが果物特有の酸で、チョコレートに華やかさをプラス。土台のピーナツとライスクリスプが異なった食感を添えて、絶品。
チョコレートが主役の顔をしていますが、フランボワーズ&ライチのジュレが最も主張が強く、チョコレートは全体を統轄するデイレクター的存在のケーキかと思われます。ミルクチョコレートを使っている理由は、その辺りにあるのかなぁと分析してみたり。
上に載ってるマカロンも、夫に半分あげよう♪とか思っていたのに、気付いたら全食いしてしまったですよ。美味しくてね、うっかりね。とほ。あ、クマちゃんはお誕生日プレート、オプションです。普通に美味いホワイトチョコでした。(笑)
食べ終わるのが惜しいくらい、美味しかったです。こんなチョコケーキ初めて。

最近、本気でアテスウェイのメニュー全制覇を目論んでいます。
本気と書いて、マジと読む。そんな感じ。

|

« 茶櫃の中は | Main | 久々文山包種 »

Sweets」カテゴリの記事

Comments

ちょこっと早いけど、お誕生日おめでとうございます。
恵さんもバースデーはアテスウェイのケーキなのね。
プレートのクマさんが白クマなのはチョコケーキだから?
(普通のチョコだと保護色に!)

アテスウェイのサイト見てきたけど、ケーキ&お菓子の写真がすごく美味そうに写ってて、思わず買いに走りたくなります(笑)
結構メニューの入れ変わりが多そうだけど、そのたびに写真も入れ替えするのかな?と、いらん心配をしてみたり。

Posted by: KIMIKO | 2007.02.19 at 01:03 AM

このサイトは魅力的すぎる・・・
全制覇参加しそうになるなぁ(笑)
真剣とかいてマジと読む。

Posted by: あや | 2007.02.19 at 09:32 PM

>KIMIちゃん
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございました。
ウチもアテスウェイです、でも一人でホールじゃないよ!(笑)
プレートは、クマまたはハートの二択で、どっちもホワイトチョコの様です。
でも、保護色のクマも良いかも♪

アテスウェイのサイト、仰る通り写真が素敵よね、ちゃんと分かってる人が撮ったはるんやな〜と思ってみてました。(笑)
今度みんなで食べましょうね〜!!

>あや
せやから、遊びにおいでってば。
待ってるで〜♪

Posted by: | 2007.02.20 at 12:07 AM

お誕生日おめでとう!

いやー、ほんとここのケーキはどれも美味しそうだねぇ…。あのとき行かなかったのが…(謎)
全制覇、できるもんならわたしもやりたい!
ブログのとこ見たらブーランジェも力を入れるらしいとこがちょっと興味津々です。

Posted by: おさ | 2007.02.20 at 10:13 AM

お誕生日おめでとうです ^^

すっかりご無沙汰していますが、今日がお誕生日だったと
覚えていたのですが・・・
元気そうな様子、こちらで読ませてもらっていますよ ^^
こないだ、原宿に行って(MANGOのお仕事)思い出していました。

美味しい一年となりますように 祈ってます ^^


Posted by: るな | 2007.02.20 at 11:37 PM

ありがとう!おさっち!
いやー、ここホンマに駅から遠いから、めっちゃ気合い入れていかんと。(笑)
今度、吉祥寺デートで気合い入れましょう、ぜひ♪

ブーランジェの方は弟さんですかね?名字と出身地一緒やし。
ここのクイニーアマンもごっつ美味いよ、ファーブルトンはメランジェさんで昔食べさせてもらったの(あの中国茶会の時の)を超えるのには未だ出会ってないな〜。

Posted by: | 2007.02.20 at 11:40 PM

わぁ!るなさん! ご無沙汰しております。
お元気ですか?

相変わらずお山には夫婦でお邪魔しています。
また機会があれば、ご一緒したいですね。
その前に式年遷宮でしょうか?(^^)b

Posted by: | 2007.02.20 at 11:42 PM

The comments to this entry are closed.

« 茶櫃の中は | Main | 久々文山包種 »