« 久々文山包種 | Main | グレゴリー・コルベール・プレ展覧会『animal totems: a prelude to ashes and snow』 »

張協興茶行の木柵正叢鉄観音ティー・バッグ

ナルミの唐子
B998

張協興茶行といえば、白毫烏龍茶と木柵鉄観音と茶葉キャラメルが大好きで(全て頂き物)、自身では行った事無いのに好きなお店。
ここのティーバッグをみえすわんから暮れに台湾のお土産に頂いたのが、これがまた美味かった。

美味い美味いとは聞いてたのだけれど、予想以上に美味しくてビックリ。
火入れがひじょうに丁寧にされたお茶葉が、バッグの中できちんと膨らんでいる。
粉じゃなくて、ちゃんと茶葉。で、焙煎されたお茶に特有のふわりとした甘みがきちんと出ている。
下手なお茶屋の木柵鉄観音より、よっぽど美味しい。スゴい、素敵♪
みえすわん、ご馳走さまです!ありがとうございます〜。

|

« 久々文山包種 | Main | グレゴリー・コルベール・プレ展覧会『animal totems: a prelude to ashes and snow』 »

中国茶」カテゴリの記事

Comments

ホントにこのティーパックは美味しい。
おっしゃる通り下手なお茶屋で買う木柵より絶対に美味しい~。
もっと買ってくれば良かった~とチト後悔しておりまする。

それにしても自分が美味しいと思ったモノを人に差し上げて「美味しい~」と言ってもらえるとウレシイねぇ~(^O^)

Posted by: みえ | 2007.02.24 12:20 AM

いや、みえすわん、ほんとにご馳走さまでした!
正直なところ、ティーバッグだからと少し侮っていたのですが、一口飲んだ瞬間ビックリして思わず「うまっ!」と言ってしまいました。

こちらこそ美味しいものいただいて、うれし〜っす♪感謝〜!!

Posted by: | 2007.02.25 01:20 AM

 お久しぶりです~。

 現在、鹿児島に流れてきてる、りてんです。
 先週、3ヶ月ぶりに神戸に帰ったので、南京町に寄ってお茶を仕入れて来ました。
 安めの木柵鉄観音と凍頂烏龍、ちょっと頑張った鳳凰単ソウをちょびっと。(^^;

 以前、長竹さんで飲んだ木柵烏龍が忘れられなくて、木柵の名につられて初めて木柵鉄観音を買っちゃったのですが、烏龍仕様と鉄観音仕様はかなり違いますね。
 茶葉のレベルも違うんでしょうが(もちろん私が買ったほうが低い方)、毎日飲みには渋くない木柵鉄観音が私向きで気に入ってます。

 最近、奇古堂のECO茶器に惚れてしまい、是非、上京の際には行ってみようと思ってます。

Posted by: りてん | 2007.02.25 06:27 AM

まめえんさん、いつもブログ拝見しています。張協興茶行の話題は、絵に描いた餅なので混ざれないのですが、ナルミの唐子のマグ素敵ですね。

恵さんのチョイスの良さは、ピカイチです。ALABIAのカップもしかり。           京都の方のセンスは環境が育てるのでしょうかねえ。

台湾には行けませんが、唐子の食器、チャーハン皿にレンゲ、スープ鉢をゲットしました。
又いい物に出会ったらご紹介して下さい。

Posted by: オードリー、フライパン | 2007.02.25 11:55 AM

>リてんさん

ご無沙汰してます〜。お元気ですか?
子供ちゃんもお元気そうで。目元辺り、りてんさんに似てきはりましたね〜♪

南京町、久しく行けてないので懐かしいです。老祥記は今も行列できてるんでしょうね〜。
木柵鉄観音と木柵烏龍は同じものではないかな〜、と思います。茶農さんの違いや仕上の違いで変わってくるのでしょうね。そういうのも、農作物って感じで楽しいですね♪

奇古堂さんの茶器、私も持ってますよ〜。
ちびちび飲むのに良いのですが、最近沢山飲むので出番がなかなか。(苦笑)

>オードリー、フライパンさん
こんばんは、はじめまして♪
拙Blogに足を運んで頂きまして、ありがとうございます。

オードリーさんとはご趣味が合うようで、良かったです。
偏った趣味と自負しておりますが(笑)、自分のお気に入りが人様のお気に召すのはみえさんの仰る通り、とてもウレシ〜イことだと思います。
唐子の食器、早速お手元にあるのですね。
可愛がって使ってくださいませ。それが、やっぱり道具への愛ですよね♪

これからも、好きなものを書き連ねて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: | 2007.02.25 10:51 PM

The comments to this entry are closed.

« 久々文山包種 | Main | グレゴリー・コルベール・プレ展覧会『animal totems: a prelude to ashes and snow』 »