« 五右衛門ロック 雑考 | Main | 風景GX200使用感想 »

対決—巨匠たちの日本美術

“唐獅子絵葉書と目録”
B1288
 
対決—巨匠たちの日本美術」を観て来た。
基本的に「対決」と言う形が気に食わないし、あまり展示が多方面にわたると集中できない性質なので観に行く気はなかったのだが、あちこちで薦められて鑑賞。
良いものも結構あったので満足。好みでないものは軽く素通りで観て回ったら、2周しても1時間半ほどで終ってしまった。
好きなのは、応挙の『猛虎図屏風』、蕭白『唐獅子図』、宗達『槇檜図屏風』など。
 
余談だが、メモ用の鉛筆を忘れ苦肉の策でアイブロウでメモを取った。“意外に書ける”とガツガツ書いたが、帰ってから見ると太すぎて自分の字なのに所々読めない。間抜けな話、どっとはらい。
 
一応、一通り感想。

運慶vs快慶
小さいのでパス
 
雪舟vs雪村
雪舟の慧可断臂図、背景の大胆な線の強さと前景の細やかさが目を引く。雪村は、呂洞賓図が印象的かな。
 
永徳vs等伯
永徳の金で黒を照らす華やかさは流石。昨年の京博行きたかったなぁ。松に叭叭鳥の黒のもけもけとした存在感に目が行く。等伯は、なんと言っても松林図屏風。近くで見ると一見荒々しいほどの乱雑な筆づかいなのに、ふっと離れて見たときの恐ろしいほどの静謐に胸つかまれる。深い霧に包まれた静けさが痛いほどの空間。ちょうど、長次郎の時雨の辺りから見るといい感じ。
 
長次郎vs光悦
今回はパス
 
宗達vs光琳
出光で風神雷神図屏風の比較を見たときから印象は変わらない。光琳はいい弟子だと思う。宗達の狗子図に奈良美智を連想。槇檜図屏風がたまらなく好き。余白の多さ故の中央の緻密さの緊迫感があり、それでいて「影法師」の手法によるはかなさが同居する不思議な空間。なんとも言えない。
 
仁清vs乾山
うーん パス
 
円空vs木喰
備忘のメモに「木喰の自身像ムカつく」と書いているのが笑える。円空は、もっと面に目鼻が付いたようなガツッとしたのが好みなので、少し不完全燃焼。
 
大雅vs蕪村
興味なし パス
 
若冲vs蕭白
今回は蕭白との再会が主目的だったのだが、やっぱり凄いな。群仙図屏風は、自分の記憶よりも更に鮮やかで、更に緻密で、更に気狂い染みている。圧巻。そして、なんと言っても唐獅子図。この大きさでこの大胆さで、この緻密さに震える。鋭角的な描線で柔らかな肉が描かれ、がっつりした線が一歩引いてみると非常な緻密さを持つ構成に惚れ惚れ。凄く格好いいのに表情の愛くるしいアンバランスが又、たまらない。若冲もいいんだけれど、一息のラインの美しいタイプの画(プライス・コレクションの「鶴図屏風」とか)が来てたら蕭白とのバランス取れただろうにと、残念に思う。石灯籠屏風は、何度見ても印象派を連想する。
 
応挙vs芦雪
応挙の猛虎図屏風、流し目受け口の猫!左から3匹目のまるもふ豹柄がたまらなく可愛い。金比羅さんの屏風とは全く違った可愛さ。あちらは子犬で、こちらは猫がモデルではないだろうか。芦雪の虎図襖は、6面全部揃った余白を楽しむ状態で見られたら、もっと素敵だったろうに。残念。
 
歌麿vs写楽
素敵だが今更なので今回は パス
 
鉄斎vs大観
興味なし パス

|

« 五右衛門ロック 雑考 | Main | 風景GX200使用感想 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

>鉄斎vs大観
>興味なし パス

ってところがなんだかとてもとても君らしく
最後のところでにんまりしてしまいました。

いや、ただなんとなくだけれど。
東京は舞台や美術展が充実していていいね。

Posted by: みな | 2008.08.02 at 10:34 AM

いや〜、お褒めに預かり光栄。(笑)
ま、嗜好なので仕方ないのです、ということで。

京博もいつも良いのんやってるよん。
時々帰りたくて、地団駄踏んでます。

Posted by: | 2008.08.03 at 09:55 PM

こんにちは
先週金曜日に私も行ってきました。

日本美術のテンコ盛り。
フルコース満腹展という感じでしたね。
見終わったときにはお腹が一杯で動けなくなりました(笑)
仙厓和尚いうところの「猫みたいなもの」対決
個人的には一番のお気に入りです。

Posted by: かえるこ | 2008.08.04 at 08:43 PM

かえるこさん、こんばんは〜。
金曜と言えば、夜だと山口さんのカレンダーが合い言葉で貰えるそうですね。

仰るとおり、様々なものが同居する様はなかなかの圧巻でした。
惜しむらくは、展示が重なる部分が見辛いところがあったことでしょうか。それでも、お腹いっぱいなのですけれども。(笑)
虎って、意外に皆見ずに描いてるからそれぞれの個性が面白いですよね!

Posted by: | 2008.08.05 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17189/42019238

Listed below are links to weblogs that reference 対決—巨匠たちの日本美術:

« 五右衛門ロック 雑考 | Main | 風景GX200使用感想 »