« 対決—巨匠たちの日本美術 | Main | 世界のキッチンから 水出しミントジュレップソーダ »

風景GX200使用感想

ちょっと画像の整理が出来たので、再びGX200使用雑感。
前回が屋内だったので、今回は屋外で。
この記事の画像の加工は、サイン入れたのとサイズ変更のみ、クリックで拡大します。
やっぱり好きです。このカメラ。
 
“絨毯”
B1289
 
接写1cmはダテじゃないですね、前景も奥も良い感じにボケ。
花撮る人にも良いカメラ。
 
“山の神の”
B1290
 
曇天の雰囲気も悪くない。
 
“天使の梯子”
B1291

駐車場で振り向いたら、光の束。
ハッと振り向いて露出位置調整して撮影、光量の具合で撮れないことの多い天使の梯子も捉まえられる。嬉しい。
 
“一瞬の”
B1292
 
一面の曇り空が晴れた一瞬の夕暮れ。奥の山と手前の黒のグラデーションが綺麗で嬉しい。
黒潰れしないのが、このカメラの本当に優秀な所だと今回も思う。
特に次の画像、手前の影の部分の道がちゃんと写っているのがスゴい。
 
“帰り道”
B1294_2
 
“グラデーション”
B1293_2
 
シアンが強い訳ではないが、割に綺麗に色が出る。
普段はマゼンダが強く出ることも、でもカラー補正撮影時に出来るから無問題か。
  
“霧ヶ峰”
B1295
 
どピーカンって暗く写りがちなのも、調整しやすいのが嬉しい。
モニタが見にくいくらい明るくても、ファインダー付けられるし。
ただし、デジタルファインダーなので色調の再現性はイマイチ。
ま、そのくらい目を瞑るさぁ。

|

« 対決—巨匠たちの日本美術 | Main | 世界のキッチンから 水出しミントジュレップソーダ »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17189/42055061

Listed below are links to weblogs that reference 風景GX200使用感想:

« 対決—巨匠たちの日本美術 | Main | 世界のキッチンから 水出しミントジュレップソーダ »