« レオナール・フジタ展 | Main | 徒然 »

フルーツパーラーフクナガの洋梨のパフェ@東京都 四ッ谷

B1343

友人に会うのに、前からみえさんのBlogで見ていて行ってみたかったフルーツパーラーフクナガをリクエストしてみた。
意外に近そうで行かない、四ッ谷三丁目へ上陸。
 
ほんとに小さな街の果物屋さんの2階にある古〜いフルーツパーラーなんだけど、意外に入れ替わり立ち替わり人がやってくるのに驚く。
でメニューを見たら、12月の名残で洋梨のパフェがあったので迷わず注文。やはり、変わり種から攻めてみたいじゃないですか、ねぇ?(誰に同意を求めているのか)

でね、これが甘味の美味しさじゃなくて、ちゃんと果物の美味しさとして美味しいのが素敵。
フルーツのすりおろしをシャーベットにしたらしきものとバニラアイスの組み合わせが、お互いを邪魔せずにフルーツの美味しさを最大限に引き出すように頑張ってる感じがする。生クリームも甘過ぎないし。
上に乗っかってる1/4洋梨も、アイスに埋もれたゴロゴロカット洋梨も、種まで食べられる酸っぱ過ぎない柘榴も、果物屋さんの本気を感じる将に食べ頃という熟し具合で、ああ果物の甘さって良いよねと言いたくなる。
ほんと、あっという間に食べてしまった。

うっかり噂のスタンプカードの事を聞くのを忘れたのが口惜しいが、どう考えてもバナナと柿がダメな私にはハードルが高すぎるので、とりあえず大人しくマンゴーパフェとか桃パフェとか幻の佐藤錦パフェとかを制覇してみようかなと目論んでみたりする。
とりあえずは、1月の苺のパフェ食べに行かんとね。

|

« レオナール・フジタ展 | Main | 徒然 »

Comments

おぉ!フクナガデビュー?
是非、1月のいちごパフェ行きましょう!
生クリーム、甘くないけど、濃厚で美味しいでしょ?
バナナは知ってたけど、柿もダメだったとは初耳でした(笑)

Posted by: みえ | 2009.01.11 at 01:48 PM

おぉ!フクナガデビュー?
是非、1月のいちごパフェ行きましょう!
生クリーム、甘くないけど、濃厚で美味しいでしょ?
バナナは知ってたけど、柿もダメだったとは初耳でした(笑)

Posted by: みえ | 2009.01.11 at 01:49 PM

はい!フクナガデビュー♪
イチゴのパフェ、是非参りましょう〜。わ〜い、嬉しいなぁ。
生クリーム、ホントいい具合でした。パフェの生クリームって、甘いと果物が負けてしまうんですよね。

はい、好き嫌いほとんどないのですが、柿・バナナ・西瓜と何故か果物に苦手が多いんです。(汗)ふっしぎ〜!

Posted by: | 2009.01.12 at 08:27 PM

フクナガデビューですな(笑)
あそこのパフェはいいよね〜。
苺の時期はパフェだけじゃなくて苺のメニューがずらっと出てくるので華やか!あ〜、久々に食べたくなった(笑)

スタンプカード、1年がかりぐらいでかなり貯めたけど、何故か「パパイヤ」「チョコバナナ」が残ったところで放置されたまま。だって、旬がわからへんのやもん、このふたつ。

フルーツサンドもうまいのでおすすめよん。

Posted by: おさ | 2009.01.14 at 07:59 AM

おお、おさっちもスタンプカード頑張ってたんやね。
あそこのパフェ、美味しいね〜。イチゴのメニューカード、見たよ。
やっぱり、フルーツサンド美味しいんやね。気になっててん。

チョコバナナは、確かスタンダードのとこに名前が載ってたから通年ちゃうかな?パパイヤは、、、流石に分からんなぁ。(笑)

Posted by: | 2009.01.15 at 10:48 PM

My brother recommended І mіght likе thbis weeb site. ңe was totally гight. Τhis post truly maɗe mу day. You cɑn not imagine simply Һow much time Ihaad spent fߋr this informɑtion! TҺanks!

Posted by: Florencia | 2014.10.12 at 02:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17189/43702438

Listed below are links to weblogs that reference フルーツパーラーフクナガの洋梨のパフェ@東京都 四ッ谷:

« レオナール・フジタ展 | Main | 徒然 »