« 徒然 | Main | 夜明け »

リチャード三世@いのうえmeetsシェイクスピア

B1350

古田さんの真面目な芝居が見たくてチケット取ったリチャード三世
もっとストレート・プレイで来るかと思っていたけれど、いのうえさん自分の領分にシェイクスピアを引き込もうと頑張っていた。でも、やはり圧倒的にシェイクスピアの方が強いのよ、当たり前かもしれないけれど。
普通にきちんと面白いシェイクスピアを観た、という感想。
1+1=2、それ以上でもそれ以下でもなく。「メタルマクベス」の時は、シェイクスピア+クドカン+新感線の1+1+1が4にも5にも感じたのにな。うん、普通のシェイクスピアだ。

以下、長いので好きな人だけどうぞ。

シェイクスピアってモノローグと科白の境界が曖昧だからボイスレコーダーを使う設定で明確に分けようとか、同じ名前の人が多くて分かりにくいからあの衣装で色分けしたんだろうとか、いつものモニターとか、いのうえさんの“ハヤイ・ヤスイ・ウマイ”の為に頑張ったんだろうなというのが、透けて見える。透けてる時点で負けなんだろうなと。
 
一幕。膨大な情報の処理に押され、古田さんの魅力が出てこない。とにかく科白が早いのも厳しい。
一番厳しいのは、リチャードがアンを誑かすシーン。もう、安田成美が一本調子で何処で心変わりしてるのかまーったく見えない。何だ、この木偶の坊は。2幕のリチャードがエリザベス(久世星佳)に娘を説得しろと迫るシーンの迫力と、あまりに対照的。本来、ここでリチャードの狡猾さ悪さをバーンと打ち出すべき場面だろうに、古田さんも何かモソモソしてるし何とも拍子抜け。
銀粉蝶さんは、のっけから素晴らしい滑舌と存在感。

2幕から舞台が回り出した気がする。ようやく、いのうえ演出とシェイクスピアが混ざって来たなーって感じ。古田さんも、王になってからの方が役に馴染んでたみたい。
特筆すべきは、3人の女王の嘆きのシーン。久世星佳、銀粉蝶、三田和代の3人の科白のやり取りは圧巻。ゾクゾクする。銀粉蝶さんのどす黒い怒りと嘆きと哀しみの重さに目が釘付けになる。
その後の古田さんが久世さんに娘を説得しろと迫るシーンも、二人の後ろ暗い欲望丸出しのやり取りの嫌らしさがすごく良くて、最初からこうならなぁとしみじみ思う。
最後の殺陣も、新感線ぽくてワクワクしたしね。

今回は役者さん感想も特に無し。
書くのって、銀粉蝶さんのことしかないんだもの。

蜉蝣峠に期待、かな。

|

« 徒然 | Main | 夜明け »

演劇など」カテゴリの記事

Comments

恵さん、こんにちわー。

さすが恵さん!私の感じたことを的確に表してらっしゃる。いのうえさんがいつもの方法でシェイクスピアを自分の土俵にひっぱりこもうとして結局ひっぱりきれなかった。それほど生のままのシェイクスピアは手ごわいんですねえ。

膨大な台詞を処理する装置になっている古田さんもいまいちで、その点は舞台で一日もニ日も長がある銀粉蝶さんの圧倒的な勝利でしたねえ。

ニ幕で少し面白くなったけど、それもいつもの新感線風味で、じゃあ最初からそれでいけばいいじゃん、もっともっと崩せばよかったじゃんと物足りなさ感が残りましたよ~。最後の殺陣はいつもの和風の殺陣になってたのがおかしかったです。

ま、蜉蝣峠ですよ!期待いたしましょう。

Posted by: nya | 2009.02.01 at 09:02 PM

わ〜、nyaさん、早速ありがとうございます!
nyaさんのレビューも、スゴく頷きながら読ませて頂きました〜。あの「悪の極みとして描くか、哀れな傀儡として描くか、」ってとこ、とても納得いたしましたよ。シェイクスピアって、確かに中身を描く演出家がまるっと投影されるから、恐ろしいんですね。

まったく2幕の崩しを最初からもってくればと私も思いました。殺陣!確かに和風!(笑)

蜉蝣峠、本当に楽しみです♪

Posted by: | 2009.02.02 at 11:16 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17189/43923787

Listed below are links to weblogs that reference リチャード三世@いのうえmeetsシェイクスピア:

» 「リチャード三世」感想 [Nya's Manor]
新生赤坂ACTシアターで、いのうえさんあーんど古ちんvs沙翁のリチャ3観てきたよ [Read More]

Tracked on 2009.02.01 at 09:04 PM

« 徒然 | Main | 夜明け »