KUSMI TEAのKASHMIR TCHAï

“KASHMIR TCHAï”
B1164
 
ワールドシリーズ・ロシアの日KIMIちゃんから貰ったKUSMI TEAは、奇しくも創始者がロシア人の紅茶屋さん。
冬なので、『カシミール チャイ』と言うブレンド選択は、暖まりそうでとても嬉しい。
 
缶を明けて驚いたのは、カルダモンやクローブが丸ごと入っていること。
煮出して驚いたのは、ハーブの個性が強いくせに非常に爽やかなチャイが出来上がること。
濃厚で丸い旨味のミルクティなのに真ん中に清涼感の柱が立っていて、あっという間に飲んでしまった。
ほんの少し蜂蜜を垂らして甘味を足すのが好み。三温糖でも可。
 
パッケージも可愛いし、他のフレーバーティも気になるし、リピート確実。
みえすわんも、お気に入りみたい♪
KIMIちゃん、どうも御馳走様!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

四川紅茶@海風號

“試飲中”
B1104

本当はこちらの記事を見て、直ぐに買いに行ったのですが、夏休みですっかり記事にするのが延ばし延ばしになってしまっておりました。
まだ売り切れてないから良いよね?(笑)
 
本当に吃驚するくらい、ハチミツの香りと味わいを連想させる紅茶です。
濃厚でありつつ爽やか、柔らかな口あたりと深い余韻。
酸味は抑えめに、喉の奥にくるシカシカした旨味の締まる感じが何とも言えません。
金魚蓋碗でゆっくり飲むのがお気に入り。
 
しかし、中国紅茶買うのは本当に久しぶり。
でも、本来の目的・特等東方美人よりも、こちらにヨロメイてしまうのも仕方ない美人さんでしたよ。
もうちょっと涼しくなったら、消費スピードもアップしそう。
フフフ、お楽しみ♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

アールグレイ系譜

“ブック型の缶が欲しかった”
B945

ここのところ、フレーバーティーを好んで飲んでいる。
たまたま吉祥寺の駅ビルに入っている紅茶屋さんMARINA DE BOURBONで、街の名を冠したお茶『KICHIJOJI』を見つけたのが始まり。これがオーソドックスなドライフルーツや矢車草などをブレンドしたもので、フルーツの甘い香りが気持ち良いアールグレイに似た系統のお茶だった。
飲みながら、似たフレーバーの好きなお茶があった事を思い出し、今度はトワイニングのレディ・グレイを買いに走る。こちらはもっとアールグレイ寄りですっきり華やか。

派手めの華やかなお茶に走るのは、めっきり寒くなって来た所為?

| | Comments (4)

紅茶の日

“Earl Grey”
B931

去年の残り写真を発掘。(笑)
紅茶は朝食時にミルクティを飲みました。まぁ、そんなとこで。
写真撮ってる暇があらしません。とほ

| | Comments (0)

ゆとりのお茶・至福のお茶

“お茶を飲みながら”
B856

本屋でみかけて、つい買ってしまった「ゆとりのお茶・至福のお茶」。
雑誌「ku:nel」や「天然生活」の読者層が好きそうな著名人の“我流茶”の本といったところかと思われる。
茶葉、茶器、場所、それぞれで違うという当たり前な事が面白い。

やっぱり人ン家の茶器を見るのは楽しいなぁと思う。
あのカップ良いなぁとか、鍋ステキ!とか、食器にばかり目がいく。
長尾智子さんがウチと同じカーラのカップを使ってらっしゃるのが嬉しかったり。

で、モノクロームのページに渡邊かをるさんの「男のお茶」対談があって、これこそカラーで見せて欲しかったのになぁと。
華中亭道八の急須や、鯨の髭のの籠+印傳の袋物なんて、カラーで見てみたかった。
そうそう見られないものをこそ見せて欲しいものだと。

そうそう、やかんの本も載ってたよ。

| | Comments (2)

DARJEELING THURBO Tippy Clonal DJ-11@Leafull 吉祥寺

“THURBO Tippy Clonal DJ-11”
B810

Leafullさんの今年のファーストフラッシュの1つ、THURBO Tippy Clonal DJ-11。
F/Fとは思えない、強力な個性のお茶。
うちの夫をして「ミルクティにして飲みたいと思わせるF/Fなんて」と、言わしめたお茶。(笑)
ええ、まさにそんな感じ。

綺麗なグリーンの葉とは裏腹に青味よりは焙煎の強さが勝ち、感じるのは仄かな甘みとラムネのようなスッキリした印象。(けっして、ラムネ味ではない。あくまでもイメージ)個人的には、短めの抽出時間で渋さを抑えた方が好みの味わい。
やや深めに抽出すると、口の奥・舌の付け根に来る収斂味と、後から戻ってくる蜜を思わせる味わいが、いつまでも口の中に余韻を残すF/Fらしからぬ味わい深さ。
この表情の変化が面白いなぁと思いながら、常滑蓋碗で飲んでみたり。

F/Fからこの調子だと、今年のS/Fも楽しみです。

| | Comments (2)

DARJEELING OKAYTI DJ-1@Leafull 吉祥寺

“OKAYTI DJ-1”
B794

Leafullさんで購入した今年のファーストフラッシュの1つがこのオカイティ農園のDJ-1。
まぁ〜、なんとも華のあるお茶です。
洋梨にも似た花のような香りに深いコク。
綺麗な透明で明るいオレンジ色の水色。
誰に出してもニッコリ笑って飲んでもらえそうな、正統派の成熟した知的なお嬢さんな印象。
青い酸味にも似た若い感じがほんのり漂うのが、ファーストフラッシュらしさですかねぇ。
結構ボディもしっかりしているし、若さよりも落ち着きを感じます。

さてさて、この後にはじゃじゃ馬娘が控えておりますよ。

| | Comments (10)

徒然

“すいれんにて”
B793

国立西洋美術館の喫茶室「すいれん」の窓際席は良い。中庭をぼへっと眺めながら、展覧会で歩き疲れた足を休めて展示物の反芻をするのが気持ちいい。やっぱりここの美術館好きだわ、コルビジュエも好きだし、コレクションも好きだし。

■国立西洋美術館に「聖なる象」というギュスターブ・モローの作があるのを知る。非常に好きな画家なので、これは観に行かねば。

■昨日の深夜、ワタクシのパソコンする時の椅子が崩壊。折りたたみの簡易椅子の寿命かと。決して太ったとかではない、と思う。という訳で、現在、床に座ってPCを見上げながら入力中。いや、そこまでして更新しなくても。

■先日会った人に「痩せた」と言ってもらって、喜び勇んで体重計に乗ってみたら全く変わっていなかった。がっかり。。。と思いかけたが、はたと気がついた。沖縄でタガが外れ自分でも吃驚する位美味いもの食べまくって確実に3キロは太ったぞ、と思って帰って来ていたのだった。そういう事にしておく。

■ようやく、Leafullさんで今年のF/Fを購入。レビューはまた。mad__hatterくんお薦めのTHURBO Tippy Clonal DJ-11も買いましたよ。まぁ、何とも個性の強いF/Fですこと!好きなんですけどね。(笑)

■というわけで、椅子買いに行ってきます。

| | Comments (7)

CASTLETON Muscatel DJ-175@Leafull 吉祥寺

“DJ-175”
B783

朝から茶櫃を漁って、去年のS/Fを出して来た。
LeafullさんのCASTLETON Muscatel DJ-175。
一緒に買ったTHURBO Tippy Clonal DJ-254のしっかり跳ねっ返りの元気さに魅かれ、そっちばかり飲んでいた。ので、実はうっかり忘れていた感も否めない。ごめん。

久しぶりに飲んでも、本当に素直なお茶だなぁと思う。
穏やかで、主張するよりも染み込んで行くような味わい。
S/FらしいS/F、ゆっくり朝から飲むと休日感倍増。

さて、そろそろ今年のF/F買いに行こう。

| | Comments (2)

紅茶の日。。。らしい

“湯気が主役”
b640

今日は、紅茶の日らしい。全く、知らなかった。
mad_hatterくんのとこで知り、1496センセのとこでも話題になっているので、便乗する事にした。と言っても、紅茶飲むだけやけど。

今日のお茶は、ラ・メランジェさんのアールグレイ。
アールグレイとの出会いは「そして、星へ行く船」だったけど、ホットで飲む方が美味しいと思う。
もっと好きなのは、思い切り濃く煎れて牛乳たっぷりのミルクティー。
ちょっとキリっとした感じが好き。フレーバーティでも無理な着香のないのは、好んで飲む。

しかし、改めて、我が家を見るとTea Setというものがない。
この写真のは、結婚祝いに友達にリクエストして買ってもらったカップ&ソーサーのみのセット。(仲の良かったグループ内では、結婚する時はご祝儀包む代わりに本人が欲しい物をプレゼントする慣習だったので。他の子の時も、皆でジノリやバカラを買いに行ったりした。人の物でも、こういう買い物は楽しかったな〜)
ティー・ポットも実家に置きっ放し。今度帰ったら、持ってこようか。
でも食器棚に置くスペースが全くないのが、まず問題なんだなぁ。。。
茶器に限った事ではないのだけれど、ああ、なんとかしなくては。

追記:マメシボリにも、お茶の写真を。

| | Comments (6)