石瓢壷

“ひらぺったい”
B1822

久しぶりに茶壺を買った。
石瓢壷の購入は初めて。
何にしても平べったい茶壺が好きなのだ、私は。
一番愛しているのは、民国の頃の偏石壺だし。
でも、実は倣古壺は持っていない。
 
これ、写真では分からないが、欠けがある。
でも、欠けの位置があまり気にならないし、土の雰囲気も好きだし、普段使いには無問題。
しかも欠けてるから,可哀想なくらい安い。
うちの子におなりなさい,可愛がってあげるから。
と言う訳で、金鉄と一緒に買って帰って来た。
 
やっぱり、茶器は楽しい愛おしい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

TVセット二つめ!

“赤”
B1202

我が家の食器は全て二組ずつ。
勿論、夫と一緒に使う為。

アラビアのTVセットも1つじゃな〜と物色していた所、ようやっと発見〜。
フィンランドから空輸です、もう正気の沙汰じゃありません。
でも日本で買うより輸送費込みでも安いんです。まったく(笑)

前回のものよりかなり使用感はありますが、それもヴィンテージの醍醐味。
1962年の刻印があるので、今から50年ほど前誰かが愛用していたのかと思うと愛情もひとしお。
モニタで見た時はもっと赤がどぎつく見えて躊躇したけれど、実物は何とも言えない落ち着いた赤。
ちょっと食べ物との相性を選びますが、でも朝のパンと紅茶なら無問題。
毎朝これでご飯食べて出勤してます。
あ〜、しわわせ♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

アラビアのTVセット

“すげー愛してる”
B1158

例えば。
美味しいパンと美味しいお茶があって。
それを更に美味しく食べようと思ったら、何が欲しくなるか。
美味しいジャム、美味しいバター、そういうのもありだろう。
でも。
素敵な食器で食べる。
そういうコースもありだと思うわけだ。
 
北欧の食器たちは、そんな私の希望に応えてくれる魅力的なやつら。
ライスのカップに続いて、今回はライヤ・ウォシッキネンのデザインしたTVセットを購入。
この手描きの様な独特の幾何学模様と、アシンメトリーなデザインに惚れた。
ほんまに好き好き、使い倒すよ。

| | Comments (118) | TrackBack (0)

完璧な茶壺

“東方美人様専属”
B1113

なんだかんだ言ってもお茶の写真のストックは、いっぱいある。
なにしろ、もう手元にある茶器たちは愛しいシトばかりで、いつも使っているのに毎回あまりの愛しさに阿呆のようにウットリ眺めてしまう。そうして、カメラ持ち出しバンバン撮ってしまう。
使ってない写真なんかもう腐る程あるので、昨日はあんなん書いたけど、今日は写真に合わせてまともに書いてみよう。
 
        *

昨年の夏の大茶会で購入した、呉振達の水平壷
自分の趣味に照らし合わせると、水平壷っていつ見てもつまんない形だなぁと思ってしまうのだけれど、この茶壺だけは特別。
横から見た嘴の角度とか長さとか、取手の形や位置や、胴体のぽってりした丸みとか、仄かに照りのある様なふっくらした肌合いとか、なんて完璧な茶壺なんだろう!と、使う度にいつも見惚れてウットリする。
そう、『完璧な茶壺』、そう感じるのだ。
 
水平壷って王道中の王道の形で、実はそういうのってシンプル過ぎて全てのパーツのバランスが意外に難しいのかもしれないと考える。ほら、簡単な漢字ほど書くときバランスを取るのが難しいみたいな感じで。
だから、そういう微妙なズレが水平壷という形を“つまんなく”見せている可能性がある。
そういうちょっとしたズレが全くないのが、この茶壺なのかも等と妄想する。
全ての尺が調和し、均衡を失わず、あるべき所にあるべき物が収まっているように。
やっぱり作家ってスゴいと、こういう時にしみじみ思う。
 
最初の誓い通り、これは東方美人専用茶壺として使っている。
やっぱり、美人には完璧な物が似合うのだ。
まぁ、そんなオチで。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

電脳商城セールにグラグラ

B1079
 
プラプラと海風號に文山包種を買いに行ったら、23日からの電脳商城セールの品が色々。
これ大茶会に出さなかったんですか?それとも、出なかったんですか?って感じで、私の好きな茶壺が結構あって吃驚。
思わず初期目的を忘れて、物色してしまった。
 
この画像のとか、絶対売れてると思ってたのに。
土の感じとか、画の繊細な凹凸とか、グラグラくる。
やっぱり、私は民国くらいの茶壺が好みみたい。

あと、ちょっと平べったい手乗り茶壺とか、造りは丁寧なのに妙にワイルドな印象の団泥のとか、気になるものが複数個あって更に迷う。今回は大茶会では「初心な想い」をしたせいで動揺して、茶壺には全く目が行かなかったので、何かこう、改めて見てしまうと欲しくなって来て、また悩んでいる。
 
とりあえず、月曜まで悩む予定。
あ〜、安くなってるの見たら、やっぱり欲しくなるよねぇ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

台風の夜に徒然

B1078

■連休中は久々に横浜中華街に出かけようと思っていたのに、台風なので家篭り。治まったと思っていたブツブツも復活して、痒い痒い。き〜!
 
Formosa Tea Connectionで買った瑠璃茶海、お茶を入れると更に美しい。気泡が茶に移ったように見えて、光の透け具合も柔らかくて好み。買って良かった!
 
大河ドラマ「風林火山」を見て、ダダ泣き。年期の入った男の面構えというのは、ホントに格好良い。千葉真一氏、竜雷太氏、役柄のタイプは全然違うんだけど、信念を貫くお父さんの背中というのは、熱くて惚れる。今期のドラマは「山おんな壁おんな」と「ファースト・キス」だけチョロッと見たけど、見続けないだろうな。前者、着眼点は面白いけど、展開がベタ過ぎて、先が読め過ぎてつまらん。でも、伊東美咲は久々にはまり役では?(笑)後者、キューティ阿部とビューティ松雪の魅力はあるが、キャストの微妙なアンバランスさがどうにも受け付けない。所詮、私は月9と合わない女。
  
■アニメ「天元突破グレンラガン」第1部、第2部終了。展開早っ!敵ボス・池田王(仮名)もう倒されたし。第3部は全編、中島かずきさんの脚本らしい。わ〜、楽しみだ。そういえば来年の劇団☆新感線は、いのうえ歌舞伎で『IZO』らしいが、本が中島さんじゃないのだな。。。これじゃぁ、いのうえ歌舞伎じゃなくて、ネクサスでは?
 
■7月12日の画像、どうしても気に入らず差し替えました。光がね〜、どうしてもね〜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

初心な想い

“他人の褌”
B1076

昨日の大茶会で、以前からずっと憧れ続けてきたある茶器が、不意に射程圏内に入ってしまった。高嶺(高値?)の花だと思っていたのに、手を伸ばせば届く棚の上に、、、みたいな感じ。

“買えるかも”
“愛しいシトが私のものに”(ロード・オブ・ザ・リングのゴラム調で)

そう思った瞬間、ドッと汗が吹き出した。
動悸が激しくなり、目が回った。
比喩でなく、本当に回った。(目撃者有)
自分でも吃驚した。
そこまで私は、この茶器に惚れていたのか、と。

同行者KIMIちゃん曰わく、
『初恋の人と偶然、両想いだと分かった時みたいな感じ?』
あ〜、上手い事言うなぁ。
と言うか、もっとピュア(笑)に、憧れの先輩に廊下で声かけられて、もうどーして良いか分からずパニックおこしてる感じ。
青い春も遙か遠く、たいがい心の薄汚れた擦れた大人のはずなのに。
何なんだ、この乙女っぷりは。(苦笑)

激しい葛藤の末、結局は買わなかった。
自分がその茶器を好きなのは、“その店に置いてある状態”込みでだと言う自覚くらいは流石にあったので。
それに、身の程はわきまえないとね。
 
思いがけず、初恋追体験。
器道楽、頭悪いけど楽しい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

OZON 夏の大茶会 2007

“買って来たものなど”
B1077
 
2003、200420052006と、毎年初日に行くOZON夏の大茶会2007に、今年も遊びに行って来た。今回はゆっくり午後から。
年々規模が小さくなっていくようで淋しいけれど、しっかりお買い物。
   
とにかく外せないのは、海風號Formosa Tea Connection
海風號は高いものから順に売れている様子。(笑)硝子ケースの中身が、行く度に減っていた。こちらの記事のオリジナル白磁も結構出てた様子。私は白磁漢瓦壷を持っているので今回は見送り、手のひらサイズの金魚蓋碗と文山包種&茉莉雪芽セットを購入。アラビアの食器の話なんかもさせていただいて、至福。感謝。
Formosa Tea Connectionでは、瑠璃茶海に半額のものがあったので迷わず購入。気泡の景色も美しく、手でつくった硝子のヌメ感というか、手に吸い付く感じがとても気持ち良い茶海。
三宝園は、梨山が一押しらしい。こちらでは茶梅を購入。500円サイズで売ってもらえるので、食べ易い量でいい。
 
ベトナム雑貨オンゴン、刺繍ものの繊細さがステキ。こちらでもお買い物。KIMIちゃん、ありがとう♪
買い物はしなかったけれど、Tea noteの雑貨センスが好き。
T-fal電気ケトルコーナー、全機種(?)が勢揃いしてる様子は、なかなか楽しい。
和風ディズニー、うまいことしてるなぁと感心。唐紙の行灯が良いかな。
遠州流の茶器は、品がいい。香合に惹かれるが、今は茶道はやってないので手は出さず。
etc.etc.
 
滅多に無いこういうお祭りって、やっぱり楽しい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

使ってこそ

“陽光”
B991

ARABIAのRICEのカップに、コーヒーを注いでみた。
こんな濃い色の液体でも、これだけ綺麗に透かしてくれる。
浅い所から深い所へのグラデーション、反射、透かし、影、見ていて飽きない。
また、100枚くらい飽きずにバシバシ撮影してしまうくらい。
惚れ過ぎて、鼻血出そう。

使ってこそ、道具やと思う。
何を入れるか、どんな光で見るか、色んな姿を楽しみたい。
嗚呼、もう、めっちゃ好きや。めろめろ。

| | Comments (2)

キャンドルライト

“ともしび”
B989

smashさんのお薦めに従って、撮影。
暖かい色の映える白磁です。
うぁぁ〜、また愛が深まってしまったわ♪(笑)

ちなみに、ちゃんとお茶入ってます。
鳳凰単ソウ蜜蘭香です。
こちらも、暖かい色合いのお茶かな。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧